FC2ブログ

地方からの医学部合格参考書作戦

受験に弱い地方の学校に通いつつ、大手予備校もない地方でどのような戦術(具体的な参考書、インターネット予備校、地方の塾の利用)で戦っていくのかを考えるブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

数学ⅡB 授業に平行して(基本定石と標準レベル定石の習得)

多くの学校では、教科書とともに、このチャート式 基礎からの数学II+B(青チャート)またはチャート式 解法と演習数学2+B(黄チャート)が与えられています。長年、多くの学校で採用されてきた参考書でその信用力は絶大です。例題は超基本問題から標準問題、ときに疑問に思うようなかなり高いレベルの問題まで幅広く収録されており、数研が年月を重ねて完成したものです。黄チャートのほうがレベルが限定されており安定しているように思いますが、それは学校の選択の方針に従いましょう。学校の方針に従うほうが、ペースメーカーになりますし質問もしやすい。おまけにたまにテストもしてもらえます。
チャート式 基礎からの数学II+Bは、”青チャート”と呼ばれ、和田先生の解法暗記として有名です。問題数がかなり多いのですが、良いところと悪いところがあります。例題の解説は固く、独学では一部、なぜこの解法を用いるのか、なぜこの数式の変形をするのかと理解に苦しむこともあります。
はじめの使い方は、例題と練習問題をやります。この時点で星4つまでは十分理解できると思いますが、星5つ以上は理解に苦しむでしょう。
星5つ以上の例題とさらに練習問題、章末問題は、別冊になっているので、あとに紹介する”T対1”をやりこんでから、経験値をふやすつもりでやりましょう。それがいちばん、能率的です。
このチャート式だけで、すべての問題を全部こなせるようになるのは、灘高出身の和田先生のような天才だけです。ただし、和田先生の使い方は、大変参考になりますので一度読んでください。天才の話を話半分で信じましょう。ただし、カードを作るのは時間の無駄と思います。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

  1. 2012/09/15(土) 15:11:45|
  2. 数学 Ⅱ・B
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大学への数学I・大学への数学A (通称、黒大数)

この参考書の良いところは、一歩、上から目線の論理的説明と基本、標準レベルの定石、また公式の証明問題(これはこの本にしかないように思います)を問題としてあげられていることです。
ただ、理解させたいところの文章が硬く、取っ付きにくい感じがするのです。いい意味で言えば硬派な参考書です。レベルもチャートよりやや高いが、世間でいうほど難しくはないです。
これを完全に理解するには、東進衛星予備校の数学、長岡先生の数学ぐんぐん応用編(基本編はうけたことがありません)を併用するとより深い理解が得られます。そして、習得させたいことがよく伝わってきます。
ただ、残念ながら新課程用が出ていません。



関連記事
  1. 2012/09/15(土) 01:17:08|
  2. 数学 Ⅰ・A
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

数学ⅠAの高度な演習

数学1Aに限局したレベルの高い問題集は、非常に少ないです。そのなかで、次のものが薦められます。



数学1Aに限局した良問を探すのは大変難しいと思うのですが、難関大学受験性にはぜひ知っておいてほしいと考えられるような定石をうまく習得できるような良問を集めています。このなかのいろいろな定石は、かなり後からいろいろな難問を解いていくときにじわじわと武器になっていることに気付くように効いてきます。騙されたと思って取り組みましょう。数学1A に限定した最終問題集としてこれがベストと思います。

関連記事
  1. 2012/09/15(土) 00:57:05|
  2. 数学 Ⅰ・A
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

数学ⅡB学習時期の戦略

数学ⅠAを終了して、この数ⅡBが始まります。かなり習得項目が増え、また重要項目が目白押しです。また、同時にこの時期に、数1Aの受験対策も必要なので、心して頑張ってもらいたいと思います。
関連記事
  1. 2012/09/15(土) 00:39:14|
  2. 数学 Ⅱ・B
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

整数問題が面白いほどとける本-整数問題の征服

整数問題も難関レベルの大学では必須です。まずは、これを読んでください。とてもやさしく書かれており、中学生でも理解できます。現状では、これで十分と思います。

関連記事
  1. 2012/09/14(金) 00:30:31|
  2. 数学 Ⅰ・A
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハッとめざめる確率ー確立問題の確立

確率問題は、2次試験、センター試験ともに大問1問分、配点としてセンターで25点、2次試験なら20%です。かなり配点が高いため、この項目は徹底的に習得しておく必要があります。基本的な習得がなされているのであればおすすめする参考書がこれです。
まず、確率の本当の基本、考え方から丁寧に解説してあり、安田先生の渾身のⅠ冊です。わからせようとする先生の情熱が込められた良書です。ただし、後半の漸化式、確率統計およびハイレベル演習のところは、数Ⅰ・Aの習得だけでは無理ですので、あとに回します。

関連記事
  1. 2012/09/14(金) 00:19:26|
  2. 数学 Ⅰ・A
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本質の解法:学校でチャートを与えられていない場合の基本定石の理解と暗記

学校で傍用問題集しか与えられない場合に使う参考書で最もお薦めする参考書がこれです。
問題の選定レベルが適切で、解説も極めてわかりやすい。著者の安光先生、長岡先生の優れた指導力が伺われます。
しかし、ほとんどの学校が数研の教科書を使用しておりますので、チャートの方が学校の進度に合わせて使いやすいと思います。この本と両方するのは時間の無駄ですので、両方とも使用するのは愚の骨頂です。使用する本を絞るのも受験テクニックです。

関連記事
  1. 2012/09/13(木) 23:42:36|
  2. 数学 Ⅰ・A
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1対1対応の演習 授業に平行して(標準レベル定石の理解と定石)

基本から標準レベルの最低限の理解と定石のために用いる参考書は、1対1対応の演習です。
この本は、とにかく素晴らしい。まず、問題がごく一部を除き、非常に基本的、定型的で、なにより解説がわかりやすい。私の受験時代には考えられないような親切な東京出版の本です。

やり方は、
1週目:まずすべて理解しながら読む、(出来る人は2週目から始めてください)
2週目:答えを隠しながら例題のみ解く-紙に書きながら手で覚えます
3週目:例題を自力で解きながら、練習問題を解く、
4週目:解法を頭で確認していく、これを繰り返す





その後、もう一度チャート式に戻って、星3つ以上と、章末問題を片付けてください。楽に解けていると思います。
関連記事
  1. 2012/09/13(木) 23:17:08|
  2. 数学 Ⅰ・A
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

数学Ⅰ・A 授業に平行して(基本定石と標準レベル定石の習得)

多くの学校では、教科書とともに、このチャート式基礎からの数学1+A(青チャート)またはチャート式解法と演習数学1+A(黄チャート)が与えられています。長年、多くの学校で採用されてきた参考書でその信用力は絶大です。例題は超基本問題から標準問題、やや高いレベルの問題まで幅広く収録されており、数研が年月を重ねて完成したものです。最近の改訂でやや高いレベルの問題は最後にまとまり、大変使いやすくなりました。学校の方針に従い、着実にマスターしましょう。学校はペースメーカーになりますし質問もしやすい。おまけにたまにテストもしてもらえます。
チャート式基礎からの数学1+Aは、”青チャート”と呼ばれ、和田先生の解法暗記として有名です。問題数がかなり多いのですが、良いところと悪いところがあります。例題の解説は固く、独学では一部、なぜこの解法を用いるのか、なぜこの数式の変形をするのかと理解に苦しむこともあります。
はじめの使い方は、例題と練習問題とEXCERCISEをやります。この時点で星3つまでは十分理解できると思いますが、星4つ以上は理解に苦しむこともあるでしょう。この場合、1対1をやりこんでから再度取り組みましょう。
最後の演習は、あとに紹介する”Ⅰ対1”をやりこんでから、経験値をふやすつもりでやりましょう。やらなくてもいいと思います。
このチャート式だけで、すべての問題を全部こなせるようになるのは、灘高出身の和田先生のような天才だけです。ただし、和田先生の使い方は、大変参考になりますので一度読んでください。天才の話を話半分で信じましょう。ただし、カードを作るのは時間の無駄と思います。その分、1行1行理解に努めましょう。

関連記事
  1. 2012/09/13(木) 20:57:27|
  2. 数学 Ⅰ・A
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高校入試に向けて

チャート式をほぼ終了したら(最低でも各例題を最低3回)、次の問題集をこなしましょう。公立高校では、これだけでも十分です。





余裕がある人は、以下の問題集がおすすめです。

関連記事
  1. 2012/09/13(木) 17:49:56|
  2. 中学数学(公立中学校)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

公立中学の授業に合わせて(チャート式の習得)

公立中学でも、使用する参考書は青チャートです。もちろん、学校によっては教科書以外に、傍用問題集をしている場合はそれを優先させます。その場合、青チャートは不要です。最低でも例題だけでも繰り返します。


関連記事
  1. 2012/09/13(木) 17:37:55|
  2. 中学数学(公立中学校)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

数学のおおまかな作戦

はっきりいって最も難しく時間のかかる科目が数学です。基本の柱は、①基本的な公式・定理の理解と暗記、②計算力の充実、③基本定石の習得と④入試レベル定石(難問も含めて解法パターン)の習得、の4つの柱があります。しかも数学Ⅲの微積分までの基本的練習が終わってからがかなり大変です。しかも、多くの中高一貫校で数Ⅲが終わるのは高2、早いところで高1です。公立では高3の1学期いっぱいというのが精一杯というところでしょう。しかし、数学を独力ですすめるのは指導者がいない場合、難しく、また無駄と思います。
従って、作戦の骨子は学校の授業の進度とともに、①②③までを定期テストに合わせて終了しておくことです。ここまでで最低レベルです。この状態で、高3になって浪人生といっしょに受ける模試の偏差値で60は最低キープできます。
そして、夏、冬の休みなどでより実戦的な問題集を解いていきます。どの問題集も最低3回は解くことを目標にしていきます。
  1. 2012/09/13(木) 17:18:54|
  2. 数学の戦略
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

物理の基本を学ぶ(物理のエッセンス)

非常に定評のある参考書です。内容は、例題(ex)、練習問題とも、すべて重要ですし、それぞれ定石をしっかり載せていますが、私個人としては、内容の割に薄く、文字も小さく、レイアウトが使いにくく、練習問題の解答に重要な事が書いてあったりとやや使いにくく思います。いい本とは思いますが、レイアウトも考えてもう少し考えてほしいものです。直前の整理などにも有効かもしれませんが、あえておすすめしません。





関連記事
  1. 2012/09/13(木) 00:44:23|
  2. 物理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

学校の授業と並行してチャート式をこなす

学校の授業と並行して、つぎのチャート式で整理していきます。例題を中心に、練習問題、演習問題、章末問題をすべてこなします。高校生用の青チャート、赤チャートと違い、傍用問題集とレベルは変わりません。 従って、傍用問題集をしっかりこなせる人は、問題集で不明なところを、解法を中心に重点的に読むだけで十分かもしれません。しかし、やはり解法の暗記ということを意識してひと通り読みましょう。とくに、特殊な定石は意識して覚えましょう。幾何の定理は、必ず暗記です。 学校によっては、確率と図形の部分を高校でとばしてしまうので、該当する章は、入念にしておくことをおすすめします。 続きを読む
関連記事
  1. 2012/09/11(火) 18:15:00|
  2. 中学数学(中高一貫校生)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中高一貫校の数学 体系数学幾何編

多くの学校で採用されている幾何の教科書および榜用問題集で、中学1年から2年生の2年間で、中学の全範囲と高1の一部をやります。 これらを学校の授業進度に合わえて確実にこなすことが、大きな力となります。

関連記事
  1. 2012/09/11(火) 16:00:54|
  2. 中学数学(中高一貫校生)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中高一貫の数学教科書 代数編

多くの学校で採用されている代数の教科書および榜用問題集で、中学1年から2年生の2年間で、中学の全範囲と高1の一部を終了します。



関連記事
  1. 2012/09/11(火) 15:56:13|
  2. 中学数学(中高一貫校生)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

英文解釈教室 - いよいよ英文解釈のまとめ

ビジュアル英文解釈の2冊を終了したら、次にやるのがこれです。文法項目別に重要な構文が短文で整理されております。ビジュアル英文解釈で重要項目を重点的に繰り返し学んだあとは、この英文解釈教室で頭を整理してください。 1度目は、解説と短文をひと通り訳します。2度目は、解説と短文と例題をやります。 途中で挫折しがちになるので、家庭教師などのペースメーカーがいるといいと思います。 これをやったあとは、解釈できない構文がなくなりますので、いよいよ実践練習です。

関連記事
  1. 2012/09/11(火) 14:05:47|
  2. 英文解釈
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

英文解釈のつづき

ビジュアル英文解釈のパート1を2回終了したら、パート2に入ります。レベルがかなり上がりますが、続けてやっても問題はないでしょう。最低でも、2回はやります。 訳は紙に書くのは、時間の無駄ですので、自分で声に出して訳します。完全に例題をこなしたら、音読するようにしましょう。目標は、高校1年夏までです。少なくとも高2の間には終えるべきです。

関連記事
  1. 2012/09/11(火) 12:49:27|
  2. 英文解釈
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

英文法の深い理解と重要構文の整理

これまでの英文法はあくまで初歩力の養成でした。ここからは、本格的な解釈のための文法理解と重要構文の暗記です。出来れば低学年のうちに終えておきましょう。ただし、私立大学が問題とするような語法問題は後回しです。使用する参考書は以下の3冊です。



伊藤論理を極めてわかりやすく解説してあります。また、細かな文法問題はありませんが、重要な文法項目に抜けがありません。これらの十分に理解しつつ、次の700選にメモしてまとめていきます。700選を覚えれば、重要な英文法項目は一気に復習できるという状態にしておきます。これが最短です。英文を読むときの、頭の動かし方は、ビジュアル英文解釈を使います。



英文法のナビゲーターは、まとめにくいので同じ章をこれにまとめていきます。繰り返すのは、こちらです。あとから英文法の実戦問題集をするときに参照して完璧を期します。


関連記事
  1. 2012/09/09(日) 03:08:10|
  2. 英文法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本格的な構文力の養成

英文解釈教室入門編を終えたら、いよいよ本格的な英文解釈力、構文力の養成期間です。使うのは、これしかありません。



まずはパート1を2回読みます。音読もします。これによってかなりの基礎が出来上がります。いくつか単語でレベルの高い単語がありますが、全編にわたってくまなく覚えるべき参考書で、その構成は素晴らしいと思います。
弱点としてはCDがついてないことです。これに、CDがつけば、それこそ100%の参考書です。



関連記事
  1. 2012/09/09(日) 02:46:50|
  2. 英文解釈
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高校入試に備えて

高校入試がある人は、次の2冊で十分ですし、高校に入ってもアドバンテージがあります。



できればこの本は、中学生のうちに(少なくとも高校1年生のうちに)終えておきましょう。これを読む前には、高校英文法初歩をある程度知らないと読むことさえ難しいです。家庭教師などの指導者と一緒に読むのも方法です。




英文がとても面白く、かつ一つ一つの英文に英文解釈でポイントとなる重要構文を含む英文を集めております。
解説がややあいまいで不満に思うことがあるかもしれませんが、英文解釈入門編を終えたら、淡白な解説もむしろ助かります。

これらのテキストを終えると、教科書や塾のテキストは簡単ですが、教科書の暗記と、塾に通っていれば近所の塾のテキストは完璧にしておきましょう。
塾のテキストがない人は、この本のような決まりきった英文法問題を数回繰り返しましょう。面白みはないですが、高校入試には必須です。他に持っている問題集があれば、それで十分です。



別におすすめという本ではありませんが、適当なものが他に知りません。

これ以上、高校入試では不要です。単語集もあえてやる必要はありません。最後の最後まで、教科書の音読が全てです。

  1. 2012/09/09(日) 02:23:13|
  2. 中学英語(公立中学校)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

英文解釈のはじめの一歩

高校英文法の初歩を終えて、いよいよ英文解釈のはじめの一歩です。
ここまでは、比較的暗記より理解を中心に勉強してきましたが、ここからは、解説を含めて噛みしめていき、しっかり覚えていきます。英文も音読していきます。
使う教材は、これです。



伊藤和夫先生のはじめての洗礼を受けるには、最適な本です。一字一句噛み締めましょう。出来ればこれを2回は繰り返します。
高校入試がある人は、つぎに問題演習に入ります。これで高校入試には、十分なお釣りが来ます。
関連記事
  1. 2012/09/09(日) 02:00:25|
  2. 英文解釈
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高校英文法の初歩を学ぶ(総合英語Forest)

これを独力で学ぶのは無理があります。最も役立つのは、
代ゼミTVネットの
吉村の基礎から学ぶ英文法
http://bb.goo.ne.jp/special/yozemi/study/f_program/f_yoshimura01/index.html
です。
テキストは要点をついているのと、適度な問題量で、復習しやすく、中学生でも理解しやすく最適です。また、費用もリーズナブルで、近所の塾に行くよりはるかにいいと思います。しかし、今年から代ゼミTVネットはなくなりました。

平行して、



を拾い読みしながら、おおまかな文法力を作り上げます。勿論、細かなところまでは覚える必要がありません。
ここまでで、初歩力は、ほぼ完成します。

以上は、あくまで英文解釈を勉強するための下地で、文法問題を解くための勉強ではありません。

関連記事
  1. 2012/09/09(日) 01:54:36|
  2. 英文法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中学英文法の理解(これでわかる英語)



はじめに独習するには、最適なまとめつき問題集です。
まず、問題が厳選されて量が少なく、中学英文法をひと通りこなすには最適です。
出来れば、1年生の間に終えてしまします。
細かなところは、高校英文法を学ぶ際に、覚えるべきで、とりあえず高校英文法書を読むための下地作りと考えて、こなしていきましょう。
関連記事
  1. 2012/09/09(日) 00:38:11|
  2. 中学英語(中高一貫校生)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中学生での英検は?

中学1年の目標は、英検4級
中学2年のはじめに3級、秋に準2級、
中学3年の間に2級が目標です。
ここまで頑張って欲しいです。
関連記事
  1. 2012/09/09(日) 00:22:52|
  2. 中学英語(中高一貫校生)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中学2年生までの学校の教科書

NEW TREASURE ENGLISH SERIES Stage1
NEW TREASURE ENGLISH SERIES Stage2

最近の学校で採用されている言わずと知れた中高一貫校生用の検定外教科書です。
はじめの2年間は、この教科書の隅から隅までくまなく音読、暗記します。
これは最低限の勉強です。

これに準拠された問題集、

NEW TREASURE Stage1 WORKBOOK Z会出版編集部 編 735円
NEW TREASURE Stage1 文法問題集 Z会出版編集部 編 1,050円
NEW TREASURE Stage2 WORKBOOK Z会出版編集部 編 735円
NEW TREASURE Stage2 文法問題集 Z会出版編集部 編 1,050円

は、ともにこなしていきましょう。
手に入らなければ、オークションなどで手に入れることができます。

NEW TREASURE Stage1 CDs for Students Z会出版編集部 編 1,890円
NEW TREASURE Stage2 CDs for Students Z会出版編集部 編 1,890円

は、何度も聞いてリスニングの対策としましょう。
以下のサイトを参考にしてください。
https://www.zkai.co.jp/books/school/newtrelist.asp

公立中学に通っている中学生は、学校で配布された検定教科書で十分です。
教科書の本文の丸暗記が基礎を築きます。



関連記事
  1. 2012/09/09(日) 00:17:01|
  2. 中学英語(中高一貫校生)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

英語のおおまかな計画

 
英語は言語の習得ですので、6年間で普通に習得しようとしても無理があります。習うより慣れろ式、多読などではいくら頑張っても難しい評論を読みこなせるようになるためには、それなりの手段が必要です。
 
学校の進度とは関係なく、自分で進めていける最も効率的な科目がこの英語です。また、受験の際、早めに習得していけば、かなり有利です。あとで強力な武器になります。語法などの細かな知識は、学校で与えられた問題集で補うことにし、解釈に必要な文法、構文力の習得に力を注ぎます。目標は、高1までに英文解釈力を養い、高2では、長文把握力。高3は、過去問と英作文をやる程度にとどめ、他の教科、とくに数学、理科に重点を置くことがおおまかな作戦です。

参考書の中核は、伊藤和夫先生の英語構文主義です。英語を理解し読めるようになるための最短距離です。最近は、文法が軽視され、速読、多読すればできるようになるなどのご意見もありますが、そんなものでは、国立大学に出るようなレベルの高い評論に打ち勝てません。特に、英語が苦手な人程、これに傾倒するのが近道です。さまざまな非難がありますが、この先生の方法論の理解なくして、英語を読めるようになるのは、よほど文系的な言語の天才と思います。他に多くの参考書がありますが、良書と思えるほとんどの参考書が、伊藤和夫先生の英語構文主義の焼き直しと思えるほどよくできています。

この先生の参考書は多数ありますが、出来れば高校1年までに、遅くとも高2までに次の6冊を仕上げましょう。揺るぎない基礎が出来上がります。


  1. 2012/09/08(土) 14:57:56|
  2. 英語の戦略
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。