FC2ブログ

地方からの医学部合格参考書作戦

受験に弱い地方の学校に通いつつ、大手予備校もない地方でどのような戦術(具体的な参考書、インターネット予備校、地方の塾の利用)で戦っていくのかを考えるブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大学への数学I・大学への数学A (通称、黒大数)

この参考書の良いところは、一歩、上から目線の論理的説明と基本、標準レベルの定石、また公式の証明問題(これはこの本にしかないように思います)を問題としてあげられていることです。
ただ、理解させたいところの文章が硬く、取っ付きにくい感じがするのです。いい意味で言えば硬派な参考書です。レベルもチャートよりやや高いが、世間でいうほど難しくはないです。
これを完全に理解するには、東進衛星予備校の数学、長岡先生の数学ぐんぐん応用編(基本編はうけたことがありません)を併用するとより深い理解が得られます。そして、習得させたいことがよく伝わってきます。
ただ、残念ながら新課程用が出ていません。



関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012/09/15(土) 01:17:08|
  2. 数学 Ⅰ・A
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<数学ⅡB 授業に平行して(基本定石と標準レベル定石の習得) | ホーム | 数学ⅠAの高度な演習>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://igakubuikuzo.blog.fc2.com/tb.php/26-a3cbf5ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。