地方からの医学部合格参考書作戦

受験に弱い地方の学校に通いつつ、大手予備校もない地方でどのような戦術(具体的な参考書、インターネット予備校、地方の塾の利用)で戦っていくのかを考えるブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

微積を使う物理、東進の苑田先生(ハイクラス物理)

微積分の概念を中心にされておりますが、問題の解き方は微積バリバリというより、その概念の上で、定石的に解くことを教えてくれます。駿台の物理入門とほぼ同じ説明をしてくださり、ひと通りの理解ができます。
ただ、必須ということはなく、前田の物理と結局は同じ概念で問題を解いていることに気づきます。
はじめの総論は、難しいですが理解に苦しむことはありません。ただ、時間的にかなりとられてしまいますので、時間がる高校2年生までならやる価値はあるでしょう。
また、東進の悪いところですが、夏期講習、冬期講習、原子物理までならさらに追加の講座まで取らなければすべてが完結しないようになっていますし、その分、出費もかさみ、すべてを受けると物理だけで約18万円かかりますので、そこのところを考えて欲しいです。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2013/01/05(土) 17:22:08|
  2. 物理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | 数学3の基本的な演習のために>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://igakubuikuzo.blog.fc2.com/tb.php/38-8f6e566c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。